大切なデータを失わないためにもハードディスクの修理を

MENU

バックアップの重要性

ハードディスクの容量とデータ修復について

現在のパソコンのハードディスクは1TBなどの大容量が主流となっているわけですが、従来のパソコンのハードディスクと言うのは、300MBや500MBなど今とは比較にならない程の小容量であり、保存したデータも定期的にCDなどにコピーをして、ハードディスクの容量を多くすることを常におこなっていました。 ハードディスクと言うのは精密部品の1つでもあり、消耗品とも言われていることからも、何時壊れるか解らないハードウェアでもあるのです。 そのためハードディスク内のデータは常にバックアップを行う事が大切なのですがバックアップを怠る事でデータ修復が必要になるケースも多くなっているのです。 ハードディスクの容量が多くなることで人はますますバックアップをせずに利用していく事からも今後は今よりもデータ修復の必要性が増えると予測されているのです。

障害によりデータ修復の条件は変わります

データ修復はハードディスクの中にある大切なデータを取り出す事であり、ハードディスク自体が故障する物理障害と、ソフトウェアが不具合を引き起す論理障害の2つの種類があり、どちらの障害になるのかによりデータ修復の手法も変わって来るのです。 特にハードディスク自体が故障する物理障害は、ハードディスク内部を分解して行うため、精密部品でもあるハードディスクは埃などに弱いため、ハードディスクを分解する場合にはクリーンルームでの作業が求められるのです。 そのため、物理障害によりデータ修復ではクリーンルームを持つ会社でなければ対応が難しいとされており、障害の状況に応じてデータ修復を行う会社を選ぶ事が必要とされているのです。